2021年7月の為替変動やFX業者ニュース

2021年7月為替相場

◆2021年7月の為替相場

ドル円チャート


★クリックで拡大
高値・・・110.697円(7/14)/安値・・・109.064円(7/19)
レンジ相場

ユーロドルチャート

★クリックで拡大

高値・・・1.19084ドル(7/30)/安値・・・1.17516ドル(7/21)
レンジ相場


7月のドル円は、月初に年初来高値 111.66 を記録したものの、その後、反落。一時109.07円まで下落しました。
リスク回避の円高圧力が高まったとみられた他、インフレ期待の低下による実質金利の上昇を受けて、円は安値圏からの持ち直しが続いているとみられています。
米国の金融政策を巡っては、正常化(テーパリング)へと向かう方針が示されていますが、為替と金利差との関係性が不安定であるこや、米国の市場金利の上昇に対するハードルが高いことなどを踏まえると、ドル高が進む可能性は低いそうです。
8月になると相場は夏休みモードとなることから、ドル円は緩やかながらも下落していく可能性の方が高いので、1円程度の上下はありそうです。


7月のユーロドル相場は、ほぼ下に往って来いのレンジで推移。月初に1.1.856ドルで寄り付いたユーロは、6日に高値1.1895まで上昇。
ECBは 7/8に金融政策の戦略見直し結果を発表しましたが、相場の反応は限限定的でした。
その後は1.18ドル台半ばを挟んで方向感に乏しい値動きが続きました。
月後半は、ドイツの長期金利が低下基調をたどるなか、ECB理事会を控えた7/21に、ユーロは安値 1.1752ドルまで下落。7/22のECB理事会では、事前予想通り金融政策の現状維持が決定されました。
この発表内容を受けて、ECBの利上げ実施までの期間が長引くとの見方が広がったことで、ドイツの長期金利は一段と低下し、ユーロ相場の重石となりました。

7/28のFOMCを前に、米長期金利が低水準で推移するなか、ドル安となるとユーロドルは反発。7/28のFOMCは一部で期待されていたような米金利上昇のきっかけとはならず、量的緩和縮小までには依然距離が残ること、
パウエル議長のハト派姿勢が改めて確認されたことからドル安の傍らユーロドルは続伸。1.18ドル台を回復しました。

◆2021年7月のFX業者ニュース

※FX業者情報※

SBIFXトレード・7/1から暗号資産CFD取引において‭法人口座取引サービスを開始
>>>詳細はこちら

トレイダーズ証券[みんなのFX]・7/1からイメージキャラクターとして女優の川栄李奈さんを起用
>>>詳細はこちら

日産証券・三京証券株式会社との吸収分割契約締結に関するお知らせを発表
>>>詳細はこちら

フジトミ・8/1から商号を変更
>>>詳細はこちら

FXプライム byGMO・7/3から口座開設手続きにeKYC(スマートフォンで本人確認)の提供を開始
>>>詳細はこちら

マネーパートナーズ[パートナーズFXnano]・7/16から米ドル/円の基準スプレッドを縮小
>>>詳細はこちら

外為オンライン[外為オンラインFX]・9/30で旧スマートフォンアプリを終了
>>>詳細はこちら

auじぶん銀行・7/26からMXN/JPYの取扱い開始と契約締結前交付書面を一部変更
>>>詳細はこちら

トレイダーズ証券[みんなのFX]・7/21から女優の川栄李奈さんを起用した新CM「これだから人生は楽しい。」を公開
>>>詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FXキャンペーン情報

2020年6月も開催!ヒロセ通商とJFXのグルメプレゼントキャンペーン

FXセミナー情報

FX力のレベルアップ!FXプライム byGMOのセミナーをフル活用!