金融庁がFXのレバレッジを10倍に検討中!?

FX新着ニュース

 

2017年9月27日付の日経新聞でFX業界がザワついたニュースがあります。
それはFX取引のレバレッジを、現状の25倍から10倍に引き下げる検討に入ったというものです。

現在の日本のレバレッジは個人で最大25倍。法人口座では100倍で取引ができます。

FXのレバレッジはこれまでも何回か規制が行われてきました。
(FXレバレッジ個人口座では200倍→50倍→25倍と、段階的に規制が実施。)

FXの歴史
2017年2月27日から法人口座のレバレッジ規制が施行されます。 これまでレバレッジ100倍以上で取引ができた法人口座ですが、毎週、過去の為替...

レバレッジが25倍となっている現状で、さらなる規制を考えてるというこの報道で驚いたトレーダーも多かったことでしょう。
中には反対意見を金融庁に送るトレーダーも。
実際にトレーダーにとっては不利となるレバレッジ規制。

金融庁に問い合わせたトレーダーも多数いたようですが、マネーパートナーズの方が問い合わせてくださったみたいで、公式サイトに掲載されていました。

それによると、
金融庁の回答は

・レバレッジの引き下げについては、個人投資家保護や金融機関が想定外の損失を被るリスク等の観点から様々な議論があるのは事実
・レバレッジの引き下げを行う場合は、業者や業界に働き掛けて意見を聞き、手順を踏んで行うものであり、金融庁が一方的に行うということはない

とのことで、実際に検討が始まるとパブリックコメント等で意見を募集することになると思います。

では仮にレバレッジが10倍になった場合、これまで以上に証拠金が必要となります。

必要証拠金(1Lot)
①ドル円 113円の場合
25倍 4万5200円
10倍 11万3000円

②ポンド円 151円の場合
25倍 6万0400円
10倍 15万1000円

1つのポジションを保有するのにも十分な証拠金が必要です。
実際に現状でスワップ金利目的でFXトレードをしている人はすでに1~2倍の低レバレッジでトレードをしているので、10倍に規制されてもこれまでと変わらないという意見もあります。
しかし、以下のような流れは起こりそうです。

・海外業者でトレード
・ボラティリティの大きい通貨ペアでトレード
・ポジポジ病の人

取引スタイル次第では影響のある人はいるでしょう。

今回のニュースはフェイクだった!?という可能性もありますが、今後も可能性がないわけではないので、
今後の動向に、注意が必要です!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FXキャンペーン情報

SBIFXトレードがスプレッド縮小キャンペーンを開始!

FXキャンペーン情報

インヴァスト証券のシストレ24が新キャンペーンを開始!

高スワップで人気のトルコリラ円取扱開始業者続々!

FXキャンペーン情報

2017年9月も開催!ヒロセ通商とJFXのグルメプレゼントキャンペーン

FXキャンペーン情報

SBIFXトレード(SBIFXTRADE)が2017年3月も口座開設で500円キ...

2020年米大統領選挙間近!FX業者の大統領選挙関連キャンペーンやセミナー情報