FXの取引時間と市場

FX取引時間

24時間取引可能なFX

FXは24時間取引が可能です。
その仕組みは、電話、オンラインで世界各国が昼間の時間帯をつなぐことで
24時間繋がっています。
目には見えないこのネットワークのおかげで24時間取引可能なのです!

FX取引時間
※夏時間の時の取引時間↑↑

それぞれの市場の特徴

24時間取引が可能でも、それぞれの市場で特徴があり、ピンポイントで取引を狙いたい時間取引の方法があります!

オセアニア市場

オセアニア市場
ウェリントン(ニュージーランド)市場とシドニー(オーストラリア)市場が早朝に取引を開始します。続いて東京市場が開きます。
ウェリントン市場が開く前は、前日のニューヨーク市場の取引がクローズ間際となるので、流動性が大幅に低下します。
気をつけたいのは特に月曜日の朝!
ウェリントン・シドニー市場が世界で最初にオープンする外国為替市場になるので、流動性は極端に低く、土曜日や日曜日に何か大きな出来事が起こった時には、月曜日のウェリントン・シドニー市場では、レートが大きく飛ぶこともしばしば発生します。
夏時間では9時30分(日本では冬時間)、冬時間では10時30分(日本では夏時間)にオーストラリアの経済指標の発表があるので、この時間は結果によって相場が変化しやすいです。

アジア市場

アジア市場
日本、香港、シンガポール市場が中心です。動きは小さく、穏やかです。しかし、日銀の金融政策発表会議や中国の経済指標で大きく動くも可能性があるので、油断せず、注目の経済指標の発表時の取引は注意しましょう。

ヨーロッパ市場

ロンドン市場
夏時間は日本時間の14時半〜15時、冬時間は15時〜16時に開始するヨーロッパ市場はユーロ絡みの通貨ペア、ポンド絡みの通貨ペアの取引が積極的に行われます。
穏やかなアジア市場の動きとは一変して、相場が大きく動くことがあります。
注意するのは「ロンドンフィキシング」といって、ロンドン時間の16時(夏時間は日本時間の午前0時、冬時間は午前1時)のことで、この時間帯には、大口顧客の取引が出てくるケースが多く、マーケットを大きく動かす要因になります。

ニューヨーク市場

ニューヨーク市場
ヨーロッパ市場から引き続いて相場が大きく動くニューヨーク市場。
取引も活発に行われます。
特に米国の経済指標の発表時間(夏時間は日本時間の21時30分、23時/冬時間は22時30分と24時)や政策金利の発表、要人発言の時も変動が大きくなるので経済指標の予測と結果を把握した取引が大切。

ニューヨーク市場では特に第1金曜日の夜に発表される「雇用統計」(夏時間は日本時間の21時30分/冬時間は22時30分)が毎月ビッグイベントとなっています。

それぞれの市場の特徴の違いで取引の方法も変わるので、ぜひ市場の特徴は頭に入れておきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

円高と円安

FX基本情報『円高と円安について』

ジブリの法則

ジブリの法則・ジブリ映画放送日の為替相場には要注意!?

くりっく365

FX基本情報『くりっく365とは?』

FX取扱通貨ペア

FXで取引する通貨ペアの特徴と選び方

FXをはじめるときの心得

FXレバレッジ

FX基本情報『レバレッジについて』